• HOME
  • コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ
  • 医院情報
WEB診療予約
000-000-0000
文字サイズ
小
大

城山通りデンタルクリニック

その場しのぎの治療の危険性|経堂駅そばの歯医者「城山通りデンタルクリニック」|歯周病・インプラント・矯正

その場しのぎの治療の危険性

「その場しのぎ」は卒業し、
「将来」を本気で考えた治療・予防を

[画像]「その場しのぎ」は卒業し、「将来」を本気で考えた治療・予防を

その場しのぎの治療は虫歯の再発につながり、再治療を繰り返せば口腔内にダメージが積み重なっていきます。
そして最終的には、大切な歯を失ってしまう可能性も――。
こうした事態を避けるには、中長期的な目線で考えた治療を行い、完治した後もご自宅と歯科医院でしっかりと正しいケアをしていくことが大切です。

経堂駅近くの歯医者「城山通りデンタルクリニック」では、患者様の末長いお口の健康維持を考えた虫歯治療・虫歯予防を行っております。
5年後、10年後、20年後、30年後に歯を失わないためには、歯を失っていない「今」の取り組みが非常に重要です。
将来的に1本でも多く自分の歯を残したい方はぜひご相談ください。

治療の繰り返しは最終的に大きな負担につながります

将来的な健康のことを考えずに場当たり的な対症療法を繰り返すのは、歯科治療においては「NG」です。
質の低い治療は虫歯の再発につながるリスクが高いため、最終的には治療にかかる「費用」も「時間」も「体への負担」も大きくなるでしょう。
大切なのは長期的なデンタルヘルスを見据えた治療を受け、さらに予防に努めて抜歯のリスクを減らすことです。

二次カリエスを防ぐには

[画像]二次カリエスを防ぐには

治療が終わったからといって、その虫歯のない健康な状態がいつまでも続くとは限りません。
むしろ、適切なメインテナンスを怠ったことで二次カリエスを発症するケースも非常に多いのです。
再発・再治療の繰り返しは抜歯へのカウントダウンであると考え、「虫歯になってから治す」のではなく、「虫歯にならないように予防する」ことを心がけましょう。

治療が終わっても油断は大敵 虫歯を再発させないために 予防歯科はこちら

歯を失ったままにすることの悪影響

重度の虫歯などで歯を失ってしまった場合は、補綴(ほてつ)治療によってできるだけ早く失った歯の機能を補う必要があります。
歯が抜けた状態をそのままにしておくと、お口だけでなく全身のさまざまな部位に悪影響が及ぶ可能性があります。

歯の欠損をそのままにしていると……
  • 咀嚼(そしゃく)がしにくくなり、胃腸に負担がかかる
  • 歯を失った部分の周りの歯が歯周病になりやすくなる
  • 歯並びが乱れ、お口全体の虫歯リスク・歯周病リスクが高まる
  • 歯ぎしり・食いしばりが強くなることがある
  • 顔に歪みが出ることがある
  • 咬み合わせが乱れ、体のバランスが崩れやすくなる

たとえ1本だけだったとしても、歯を失うことはさまざまな全身のトラブルにつながる可能性があるということを覚えておきましょう。
現在歯を失った状態のままにしているという方は、お早めに当院までご相談ください。

[画像]歯を失ったままにすることの悪影響

ページトップ