• HOME
  • コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ
  • 医院情報
WEB診療予約
000-000-0000
文字サイズ
小
大

城山通りデンタルクリニック

予防歯科|経堂駅そばの歯医者「城山通りデンタルクリニック」|歯周病・インプラント・矯正

予防歯科

「お口の健康を守るために歯医者に行く」という新常識

[画像]「お口の健康を守るために歯医者に行く」という新常識

これまで、日本では「歯医者は痛く(悪く)なってからいくところ」という考え方が一般的でしたが、現在は「痛く(悪く)ならないために行くところ」という考え方が新常識となってきています。
虫歯や歯周病は治療できますが、再発や再治療を繰り返せばダメージが積み重なっていき、いつか大切な歯を失ってしまうことにつながりかねません。
こうしたリスクが理解され、近年では予防歯科の重要性がだんだんと広まりはじめています。

経堂駅近くの歯科医院「城山通りデンタルクリニック」では、担当医師制・担当衛生士制にもとづく定期検診を行い、患者様のお口の中の資料を取って小さな変化までしっかり管理できる体制を整えております。
いつまでもご自身のお口を健康に保つため、ぜひ当院の予防歯科をご活用ください。

元に戻らないからこそ、大切な歯

擦り傷や切り傷は、そのままにしていてもいずれ治ります。
骨折にしても、ギブスをしておけば骨が勝手に修復していきます。
しかし、虫歯がある程度進んでしまった歯が自然に治ることはありません。
そのため、虫歯などのトラブルに見舞われた場合は「歯質を削る」しか治療法がないのです。

[画像]元に戻らないからこそ、大切な歯

削られた歯は二度と元に戻らないので、削った部分は詰めものや被せものといった人工歯で補います。
人工歯は文字通り人工のものなので、やはり自分の歯と比べるといろいろ不自然なことや不都合が出てきてしまいます。
自分の歯をいつまでも自然なままにしておくには、「虫歯や歯周病にならないようにする=予防に努める」ということが重要なのです。

歯を「失わない」「削らない」ためにできること

[画像]歯を「失わない」「削らない」ためにできること

長きにわたって健康な歯を維持するには、まずご自宅で正しいブラッシングを徹底することが何よりも大切です。
磨き方が正しくないと汚れが口のなかに残り、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいますので注意しましょう。

とはいえ、ご自宅のケアだけで十分とはいえません。
いくら丁寧にブラッシングをしていても、磨き残しは出てきてしまうからです。
そこで当院では、3~4ヶ月に一度の定期検診受診をオススメしています。
定期検診では口腔内の健康状態をチェックしてもらえるだけでなく、患者様に合わせた適切なブラッシング方法の指導や、歯のクリーニングなどを受けていただくことが可能です。

当院の予防歯科メニュー

プラークの染め出し

[画像]プラークの染め出し

プラークの染め出し液を使えば、プラークがある部分が赤くなります。
これによりご自身の磨き方のクセを目で確認できるため、ブラッシング方法の改善に役立ちます。

ブラッシング指導

[画像]ブラッシング指導

プラークの染め出しを行った結果をふまえて患者様のクセについて見直し、正しいブラッシングの方法を指導します。
毎日正しいブラッシングを行い、予防に努めましょう。

フッ素塗布

[画像]フッ素塗布

定期的にフッ素を歯の表面に塗ることで歯質が強化され、虫歯になりにくい歯になります。
フッ素は歯の再石灰化(失われたミネラル分が再び歯に取り込まれる作用)を促す効果もあるため、初期の虫歯であれば治るケースもあります。

PMTC

[画像]PMTC

ご自宅でのブラッシングだけでは落としきれない頑固な歯の汚れを、専門の器具を使って徹底的に除去する「歯のクリーニング」です。
処置後は歯の表面をなめらかにし、汚れの再付着を防ぎます。
PMTCを受けることで、口臭や軽度の着色汚れも改善できます。

シーラント

[画像]シーラント

子どもの奥歯は複雑な溝を持っているため食べかすが詰まりやすく、虫歯になりやすいという特徴があります。
この溝をあらかじめ歯科用樹脂で埋めておく予防措置がシーラントです。

生活習慣の指導

[画像]生活習慣の指導

虫歯や歯周病になる原因はさまざまですが、生活習慣がトラブルを引き起こしている(再発リスクを高めている)場合もあります。
歯科医師が丁寧に患者様の生活習慣についてうかがい、改善すべきポイントなどについてアドバイスします。

わたしたちが、
患者様のお口の健康をお守りします
医院情報はこちら

ページトップ