• HOME
  • コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ
  • 医院情報
WEB診療予約
000-000-0000
文字サイズ
小
大

城山通りデンタルクリニック

歯周病|経堂駅そばの歯医者「城山通りデンタルクリニック」|歯周病・インプラント・矯正

歯周病

歯周病は、歯を失う可能性がある危険な病気です

[画像]歯周病は、歯を失う可能性がある危険な病気です

歯周病は、プラークのなかに潜んでいる歯周病菌が歯の周りの骨を溶かす病気です成人の約80%が何らかの歯周病の症状がある言われていますが、自覚症状があまりないため知らないうちに状態が悪化していることもあります。
また歯を失う一番の原因は歯周病です。
虫歯治療をして良い被せ物を入れてもそれを支える歯が歯周病になっていれば快適に咬むことはできません。

経堂駅そばの歯医者「城山通りデンタルクリニック」では、専門医による「確かな歯周病治療」を行っています。
歯周病は再発しやすい病気ですので、質の低い治療ではトラブルを繰り返すことになってしまうかもしれません。
重要なのは症状だけでなく原因から改善すること、そして将来の健康維持まで考えて中長期的な治療計画を立てることです。
歯ぐきの腫れや出血などがある方はもちろん、少しでも違和感がある方はお早めに当院までお越しください。

歯周病の進行段階

Yes    No ブラッシングすると、歯ぐきから血が出る
Yes    No 硬い物を食べると、歯ぐきから血が出る
Yes    No 硬い物を食べると、歯が痛む
Yes    No 硬い物を食べると、歯が痛む
Yes    No 朝起きたとき、口の中がねばついている
Yes    No 歯が長くなったように感じる
Yes    No 口臭が強くなった、強くなった気がする
Yes    No 歯ぐきが赤くなり、腫れている、または、たるんでいる
Yes    No 歯が浮いているような感覚がある
Yes    No 歯ぐきから膿が出ている
Yes    No 歯がぐらついている
健康な歯ぐき

[画像]健康な歯ぐき

歯ぐきがピンク色をしており、健康な状態です。
特に問題はないので、この良好な状態をキープできるよう予防に努めましょう。

歯周ポケット 1~2mm
歯肉炎

[画像]歯肉炎

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)にプラークがたまり、歯ぐきに炎症が起こっている状態です。
ブラッシングのときに出血することがあります。

歯周ポケット 2~3mm
軽度歯周炎

[画像]軽度歯周炎

歯ぐきの炎症が進行し、歯周病菌が歯槽骨や歯根膜を破壊しはじめた状態です。
歯周ポケットがより深くなります。

歯周ポケット 3~5mm
中等度歯周炎

[画像]中等度歯周炎

炎症が広がり、歯槽骨の半分近くが破壊された状態です。
歯ぐきの腫れや出血がひどくなり、口臭が気になり出します。
歯がぐらつくという症状があらわれ、歯が浮く感じがすることもあります。

歯周ポケット 4~7mm
重度歯周炎

[画像]重度歯周炎

中等度歯周炎がさらに悪化し、歯槽骨の大半が破壊されてしまった状態です。
時には歯ぐきが下がって見えるようになり、膿が出て痛みや口臭が強くなります。
さらに進行すると、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周ポケット 6mm以上

歯周病専門医による歯周外科治療

[画像]歯周病専門医による歯周外科治療

歯周外科治療は切開によって歯槽骨から歯肉を切り離し、露出した歯根の先端や歯根と歯ぐきの間にこびりついた歯石を徹底的に取り除く治療です。
歯石の除去が完了したら、汚れが再付着しにくいように歯の表面をなめらかに仕上げ、歯ぐきを元の位置に戻して縫い合わせます。
なかなか歯周病が治らないという方にはこうした治療法もご提案できますので、ぜひ当院までご相談ください。

「歯周病専門医」とは、国民への新たな専門的な歯科医療制度として、特定非営利活動法人日本歯周病学会が、歯周病治療を専門的に取り扱うに十分な技量と倫理観を有する歯科医師を認定するものです。
歯周病専門医の資格を取得するには専門的な歯周病治療の知識や技量をマスターした上で専門医試験に合格する必要があります。また、その認定を受けるには以下のような条件があります。

1. 日本歯周病学会指導医のもとで通算 5 年以上の歯周病学に関する研修と臨床経験を有するもの、および、これと同等以上の経験を有すると認められたもの
2. 通算 5 年以上の日本歯周病学会の学会員である者
3. 申請時に教育研修単位を 50 単位以上習得した者(学会発表や論文発表をしていること)
4. 歯周病専門医試験に合格した者

歯周病専門医の資格は 5 年ごとに更新する必要がありあす。つまり、常に最新の歯周病に関する知識と技術の研鑽をしなければ資格を維持することができないのです。

しかし、歯周病専門医の資格取得者は1,024人(平成 24 年度現在)で全国の歯科医師約 102,000 人のうちわずか 1% です。歯周病治療は専門的な知識とテクニックがなければ治すことが困難な病気ですので歯周病専門医が在籍しているクリニックでの治療をおすすめします。

治療後のメインテナンス

歯周病は再発の可能性が高い病気です。
特に歯周病外科治療を行った場合、しっかりとしたメインテナンスを行わないと逆に症状が悪化してしまう可能性もあることがわかっています。

治療後のメインテナンス

経堂の歯科医院「城山通りデンタルクリニック」では、いつまでも患者様がご自身の歯で快適に生活できるように、中長期的な治療計画をご提案しています。
口腔内環境というのは、人それぞれ違うもの。
歯周病の治療や予防を得意とする当院と一緒に、定期的なメインテナンスでお口の健康を守っていきましょう。

ページトップ